『江戸繚乱』から ⑱ 「楽」

楽しいって文字を見てるだけで 何だか楽しくなります 文字の持つ力 そして言霊って事でしょうか もともと「楽」は こんな字…

続きを読む

『江戸繚乱』から ⑰ 「風姿花伝」

世阿弥の「風姿花伝」から 女形の育て方を表している所です   こまけ〜!!!! という字ですが これは「面相」…

続きを読む

『江戸繚乱』から ⑯ 「億」

億 と言えば 億万長者みたいな 即お金に結びつきますね でも もともとは 祈って神の意思を問いそれを推しはかる… という…

続きを読む

『江戸繚乱』より⑮ 「東海道中膝栗毛」

ご存知 弥次さん、喜多さんが繰り広げる 珍道中の冒頭部分 文字が細かくてわかりにくくて 非常口とか写っちゃってますが (…

続きを読む

『江戸繚乱』から⑭ 「良」

どっちにでもなる… 「郎」は男「娘」は女 「浪」は大波 「狼」もコワいし〜 でも「良」は良い。   これはその…

続きを読む

『江戸繚乱』から ⑬ 「芸」

芸は身を助けるとか 芸のこやしとか… 芸という文字も意味が深いなぁ   この芸という字は こんな字でした 「藝…

続きを読む

『江戸繚乱』から ⑫ 小林一茶の句「梅が香や…」

清貧   貧しくても心が豊かという生き方 なかなか今できない事です 何か消費しないと経済が動かない というシス…

続きを読む

『江戸繚乱』から ⑪ 「花鳥風月」

大きめの作品です。 「花鳥風月」 素敵な言葉です   自分の雅号(書道の名前)に鶯があるので この鳥は鶯という…

続きを読む

『江戸繚乱』から ⑩ 「花の色はうつりにけりな…」

花の色は うつりにけりな いたづらに 我が身世にふる ながめせしまに   百人一首は小野小町の歌 よく女性の容…

続きを読む

『江戸繚乱』から⑨ 「江戸繚乱」

近くの木蓮は そのつぼみを膨らませてます 確実に春の足音… 春は百花繚乱の季節です   そんな春をうけて ホテ…

続きを読む